Content
日本での自転車のルールについて

自転車は運転免許の要らない乗り物で、通学時にも使えるとても便利なものです。しかし、日本の道路交通法では軽車両として扱われており、交通ルールを守らなければもちろん交通違反となりますので、注意して乗る必要があります。中には罰金や懲役が科せられる禁止事項もありますので、日本留学した際に自転車を使用する予定のある留学生は、基本的な日本の交通ルールをしっかりと学ぶ必要があります。

自転車を走らせる時のルール

日本で自転車に乗る際のルールとして、主に以下のようなものがあります。


車道の左側走行

自転車は、軽車両に分類される為、原則として車道の左側を走らなければなりません(歩道と車道が区別されている場合)。


信号機や標識に従う

信号機や標識に従って走りましょう。もしも歩行者や自転車専用の信号機がある場合は、それに従わなくてはいけません。


通行止め

車両は通行できません。


車両通行止め

自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、通行できます。


車両進入禁止

一方通行の出口のため、車両は侵入禁止です。自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、通行できます。


自転車通行止め

自転車は侵入禁止です。自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、通行できます。


指定方向外侵入禁止

指定方向外侵入禁止矢印の方向にのみ進行できます。自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、矢印以外の方向に通行できます。


止まれ

一時停止し、安全確認した後に通行できます。


一方通行

指定された方向にのみ進行できます。自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、通行できます。


自転車専用道路

自転車のみが通行できます。


普通自転車専用通行帯

自転車のみが通行できます。


自転車および歩行者専用道路

自転車と歩行者のみが通行できますが、歩行者が優先されます。


歩行者専用道路

歩行者のみが通行できますが、自転車から降りて自転車を押して歩けば歩行者となるため、通行できます。


並進可

通常の道路は横並び禁止ですが、2台まで横並びが許可されている道路です。


自転車横断帯

自転車が通行できる横断歩道です。


飲酒運転・二人乗りは禁止

酒気帯び運転は禁止事項となっております。アルコールを摂取した時は、絶対に自転車を運転してはいけません。また、自転車の二人乗りも絶対にしてはいけません。


夜間、早朝はライトを点灯

夜間や早朝(まだ薄暗い時間帯)は、必ずライトを点灯させてから自転車に乗りましょう。視界を良くするだけでなく、歩行者や自動車へ、自分の位置を教える合図にもなります。


ながら運転は危険

運転中に「スマートフォン・携帯の操作しながら」や「電話しながら」、「ヘッドホンをして音楽を聴きながら」、「傘さしながら」などの「ながら運転」は大変危険ですので、絶対にしてはいけません。傘をさしての片手運転やスマートフォン・携帯電話でメールなどの操作をして運転の場合は、3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金となります。

交差点では2段階右折が基本です

2段階右折

交差点で右折する際は信号の有無にかかわらず、交差点をまず直進し、その後に右折方向に進行します。
そのほか、詳しい自転車ルールについては以下のサイトをご覧ください。

自転車の交通ルール|警察庁

自転車防犯登録

もし自転車を持つことを考えているなら、自転車防犯登録をおすすめします。自転車防犯登録とは、もしも自転車の盗難の被害にあったとき、盗難された自転車がもとに戻ってきやすくなるもので、「自転車防犯登録所」の看板を掲げている場所であれば登録が可能です(全国の自転車店やホームセンター等)。
必ず登録しないといけないわけではありませんが、防犯登録をすることで万が一の場合に備えることができます。

防犯登録Q&A|東京都自転車商防犯協力会

パンク修理

自転車で最も多いトラブルが、タイヤのパンク。
自転車屋さんで修理してもらえる他、ホームセンターや100円ショップなどで、「修理キット」を購入することができ、自分で修理することができます。

動画へのリンク:https://youtu.be/nNJHMsKpuOA


全国の自転車販売店

全国の自転車のお店・施設を探す
※お住いの地域で絞り込んで検索してください