Content
【グローバル人材求人情報】前田産業ホテルズ

本日ご紹介させていただく企業は、

ホテル業をはじめ、エンターテイメント事業などにも取り組んでいる、

沖縄の名護市と本部町を中心として事業を展開する

「前田産業ホテルズ」です!

 

【企業情報】

会社名:前田産業ホテルズ

代表者名:前田 裕子

企業HP:http://www.maedasangyo.net/

所在地:〒905-0014 沖縄県名護市港2-6-5

設立:1986年03月25日

資本金:1億円

前期の年商:23億4900万円

従業員数:200~300人未満

従業員の平均年齢:35~40歳

業種:ホテル・旅館

店舗:現在3店舗(名護市1店舗・本部町2店舗)

・ホテルゆがふいんおきなわ
・ホテルゆがふいんBISE
・ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ
・ホテルアラマハイナコンド(201812月開業予定)

 

まずは、人事主任の當間さんから、

企業の経営理念、事業内容、採用情報などについて説明していただきました。

 

 

【一、企業プロフィール】

 

❀ 経営理念:

ホテル業を手がける前田代表からのメッセージ:

『ちむぐくるでおもてなし』を経営理念とし、

ホテルマンである前に一人の人間としてお客様と向き合う。

前田代表は沖縄の恵まれた温暖な気候と立地を活かし、

お客様に多くのことを提供できるホテルでありたいと考えています。

 

<企業理念>

1、沖縄の“ちむぐくる”をもってお客様をおもてなし致します。

2、常に前進し続け、新しく豊かな価値を創造します。

3、地域社会へ貢献します。

4、社員幸福を実現します。

“ちむぐくる(肝心)”とは、沖縄の方言で「まごころ(真心)」「思いやり」などの意味ですが、

私たちは「心の底から相手を思う強く温かい気持ちと、それを表す行動」と考えます。

 

❀ 事業内容:

前田産業ホテルズは沖縄県本島北部でホテル業・観光業を営んでいます。

現在は、名護市に1つのホテルと本部町に2つのホテルを運営・経営し、

県内外から観光やレジャー、ビジネスで訪れる多くのお客様にご利用いただいています。

201812月には新規ホテルを開業予定、これまでのホテルにはない商業エリアも併設し、

新しい価値の創造と新たな沖縄の魅力発信を今後も続けていきます。

 

 

では、前田産業ホテルズってわかりやすく伝えると、どんな会社なのでしょうか?

當間さんは、これについて次のように説明しています。→

ビジョン(会社の目標)は「第二の我が家として選ばれるNO1ホテルになる」です。

「ちむぐくるでおもてなし」をキーワードに、

最高級ではなくて、ぬくもりを大切にする。

地元の人たちにも愛される会社。

職場が第二の我が家の環境づくりを意識している

若手の意見を取り入れる風通しの良い社風。

女性にやさしい会社と感じます。

女性のフロントスタッフには夜勤はありません。

育児休暇や子育ての為の時間短縮の働き方など

女性に働きやすい環境だと思います。

ですから、産休から復帰するスタッフもおります。

 

【二、採用について】

 

❀ 新卒採用:

・時期:2018年採用⇒随時受付

・職種:宿泊:フロント業務全般

・料飲:レストランホールスタッフ、宴会スタッフ

・勤務地:名護市、本部町

・応募方法:2018年採用⇒履歴書作成の上、下記問い合わせ先までご連絡下さい。

      2019年採用⇒20185月末書類締め切り予定

 

❀ キャリア採用:

・時期:2018年採用⇒随時受付

    2019年採用⇒随時受付

・職種:随時お問い合わせください。

・勤務地:名護市、本部町

・応募方法:履歴書郵送

 

興味を持たれた方は、次のメールアドレスに、あるいは電話でご連絡ください。

 

❀採用問合せ

→  Eメール:recruit@maedasangyo.net

→ 電話:0980-53-0875 (総務人事課)

担当者名:當間(とうま)、小野(おの)

 

 

◆ どんな人を求めていますか?

これについて、當間さんは次の説明があります。

① 会社のビジョンに共感していただける人。

地元の人たちに愛される会社であること。

沖縄本島北部地区の人たちと一緒につくりあげていくこと。

地域特産物をできるだけ活用して地域貢献に携わりたい。

② 泊まるところだけのホテルではなく、地域の人たちが集まる場所、

地域の人たちの交流できる場所でありたい。

高級より、アットホーム。

お客様に対しては、我が家に帰ってきたと思える雰囲気を

提供できるようにスタッフ一同務めております。

③ チャレンジ精神を持っているひと

この会社で挑戦したいという人は成長できる人ですし、

周囲を刺激してまわりも良い意味で巻き込まれていくので。

夢や目標を持っている人が良いです。

④ 協調性のあるひと

個性は大切ですが、大きなビジョンにむかって

みんなで協力することがとても大切なので。

仲間と一緒に取り組むことができる人です。

・元気な方、笑顔の素敵なかた。明るく元気なことは基本中の基本ですが、とても大切なことです。

 

 

◆グローバル人材を採用した際に、数年先のキャリアプランなどお考えがあれば聞かせていただけますでしょうか?

當間さんは、

「特に外国人スタッフだけのキャリアプランなどの用意はございません。

それは、日本人スタッフと外国人スタッフを区別することなく同等に

機会を与えております。」と。

 

「前田産業ホテルズ」の社内教育が完備しており、社員になると色々勉強ができますし、経験にもなります!

 

【社内教育制度】

① ブラザー・シスター制度:

新入社員の教育及び精神的フォローを、入社2年目の若年社員と中堅社員が中心になって行う事で、

新人と若年社員、中堅社員双方の成長を促す制度です。

ブラザー、シスターに任命された者は事前に集中講座を受講します。

若年社員が指導者となる事は、業務に慣れた頃に起こりがちな慢心や惰性を打破する効果もあり、

初心に返って業務を見直す振り返りの機会ともなっています。

社内セミナー、ワークショップの開催

社内講演会やセミナー、ワークショップを適宜開催しています。

・著名人を招いての講演会

・商品開発ワークショップ(TV、県広報誌取材あり)

・接遇コミュニケーションによるコミュニケーションスキルアップ講習

・セクハラ・パワハラ防止講習会

・心理学を応用した対人関係スキル研修会など

② 社内塾の開講:

外部講師を迎えて社内塾を開講しセールス&マーケティング、ホテル会計を学んでいます。

内定者研修、新入社員研修の実施。

新卒内定者、新入社員には各ホテルの見学、ブラザー・シスター、

管理職との顔合わせも盛り込んだ内定者研修を実施しています。

外部のプロ講師による、コミュニケーションスキルの集中特訓も受講します。

 

それでは、日本人スタッフと外国人スタッフを区別することなく、同等に機会を与える「前田産業ホテルズ」に勤めている外国人スタッフとして第1号である、サリー・ナルビンさんに話を伺いましょう!

 

【先輩社員の声】

 

名前:サリー・ナルビン

国籍:インドネシア スマトラ

出身大学・学校:セントラルフロリダ大学。高校はシンガポール。東京で日本語学校1年3か月。

 

● この会社を選んだ理由:

前田産業ホテルズとは東京の就職フェアで出会いました。

元々はホスピタリティ、テーマパークなどの事業に関心を持っていましたが、

ホテル業に留まらず、エンターテイメント事業に取り組むという会社の方向性、事業内容に関心を強く持ちました。

 

● いまどんな仕事をしてますか?やりがいはなんですか?

1年目はホテルマハイナの宿泊課でフロント業務を行っていましたが、

2年目の今年は、商品企画担当を任されております。

やりがい:自分の企画が実現できて、とても楽しいです。自らステージに立ち、ダンスを披露する機会もありました。

これかも様々な企画の立案から造成まで挑戦していきます!

 

 

● 会社の同僚、先輩後輩、会社の雰囲気はどうですか?

外国人スタッフにとてもやさしいと思います。

サポートしてくれる先輩・上司がほとんどで、とてもフレンドリーで相談しやすい環境です。

 

● これから入社希望の未来の後輩に向けて(いま就活中のみんなへ)メッセージ:

ジョブズからはこういう名言があります!

「すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならないといけない、探さなくてはいけない。」

入りやすい企業より、自分のやりたい企業を探すことです!

 

 

當間さんからもメッセージがあります!

「良い会社とは、大きくて有名な会社ではなく、自分に合った会社が良い会社だと私は考えています。しかし、自分に合ってる

かどうかは入社してみないと分かりません。だからこそ失敗しないように就職活動は真剣に取り組んでほしいと思います。そう

する事で、きっと自分に合った「良い会社」と出逢えるはずです。自分がこの会社に入ってどういう事がしたいのか?自分の能

力が発揮できる会社なのか?など、働くイメージを持って企業を見る事も失敗しないポイントの一つだと思います。

将来自分が後悔しないようにしっかり自分自身と向き合いながら楽しく就職活動を進めて下さい。キラキラ輝くあなたに出逢え

る事を楽しみにしております!」

 


 

當間様、サリー様本日はインタビューへのご協力ありがとうございました。

お二人の話しを伺っていて、前田産業ホテルズさんがとても働きやすい環境にあること、

心から仕事が好きで仲間を大切にして、お客様をおもてなしすることに情熱を注ぎ、

地元の人たちとともに育まれる会社であろうとしていることが伝わってきました。

これからも「ちむぐくるでおもてなし」の理念のもと、訪れる人たちを幸せにしていってください。

前田産業ホテルズで一緒に働いてみたい!と関心を持たれた方は是非問合せしてみてください!

ご応募お待ちしております。

応募方法:メールまたは電話

興味を持たれた方は、次のメールアドレスに、あるいは電話でご連絡ください。

→ Eメール:recruit@maedasangyo.net

→ 電話:0980-53-0875 (総務人事課,担当者名:當間(とうま)、小野(おの) )

→ 企業HP:http://www.maedasangyo.net/

 

それでは、日本人スタッフと外国人スタッフを区別することなく

同等に機会を与える「前田産業ホテルズ」に勤めている

外国人スタッフとして第1号である、サリー・ナルビンさんから、

話を聞きましょう!