Content
奨学金の採用基準


日本政府(文部科学省)奨学金

在外日本公館あるいは日本の大学から推薦を受ける必要があります。受給者は他の奨学金を受け取ることができません。
・文部科学省外国人留学生学習奨励費
私費で学費や生活費を支払っている外国人留学生対象。各レベルごとの成績評価係数相当以上で,成績が優秀であると認められる者であること。仕送り(入学金,授業料等を除く。)が平均月額90,000円以下であること。などその他条件あり。
※平成28年度より名称を「留学生受入れ促進プログラム」として、実施することを予定しています。


海外留学支援制度(協定受入)奨学金

経済的理由により自費での留学が困難な者。日本留学にあたり「留学」の在留資格取得が確実な者。日本と国交のある国の国籍を有する者。などその他条件あり。


地方自治体・国際交流団体の奨学金

種類によって条件が違い、居住地や所属する学校の所在地に制限があります。大半の場合、受給者は他の奨学金を受け取ることができません。


民間奨学団体の奨学金

特定の学校の学生、特定の専門分野を専攻している学生、特定の国や地域出身の学生のみを対象とすることがあります。条件を満たしていないと有効な応募者とは認められないので注意してください。大半の場合、受給者は他の奨学金を受け取ることができません。